電話の進化と利便性の向上

普段メールを使う人が、電話の正しい使い方を考える場合は、メールとの違いを意識すると良いです。

電話の進化と利便性の向上

メールとの違いを意識すれば電話の使い方が上手くなります

メールを主な通信手段とするようになってからは、長電話をする人はかなり少なくなっているようです。だからと言って電話の役割が無くなったわけではありません。今でも重要な通信手段として存在しています。逆に言えば、無駄話などのどうでもよいことに使わなくなった分、重要なことに使う割合が増えたということもできます。

そこで問題となるのが使い方です。重要なことに使うことが多くなったわけですから、使い方が下手なことは悩みの種になることもあるでしょう。普段メールを使う人は、電話の正しい使い方を考える場合、メールとの違いを意識すると見えてくるものがあると思います。メールは文字ですが、電話は声です。つまり、読みにくい文字になってしまうという事はありませんが、聞き取りにくい声量というものは存在します。ですから、なるべく大きな声で、滑舌良く発音するように心掛ける必要があります。そして、メールの場合は簡潔明瞭ということが良いと言われ、長文が嫌われる場合もありますが、電話はそうではありません。気持ちのこもった挨拶は心地良いものです。つまり、文字は内容だけしか伝わらないですが、声なら気持ちを伝えることもできるので、その部分には十分な配慮が必要だということです。