電話の進化と利便性の向上

この記事では、他の通信機器よりもなぜ電話が使われているか事、電話のメリットについてまとめています。

電話の進化と利便性の向上

電話でより気持ちが伝わる

今日、世界では様々な連絡手段が存在します。手紙や電子メール、オフラインでも通知の来るチャット、連絡事項を印刷して出してくれるファックスなど、時代とともに連絡手段は変わってきました。ただ、1番ベーシックで未だに使われている物といえば電話があります。こんなにも連絡方法が多いのにも関わらず、なぜ電話はまだまだ使われている連絡手段なのでしょうか。

電話の歴史は1850年代に発明されて日本には1870年代にアメリカより入ってきました。もう150年以上も昔の発明にも関わらず電話が今なお存在する理由としては、他のどの方法よりも確実で、また気持ちも伝わるからだと思います。前者の理由としては、手紙やメール、チャットやファックスなど文面の物は他の人でも代理で書いてもらう事はできますが、電話だと本人にしかできません。また、今ある連絡手段の中で最も早く確実に相手に要件を伝えられるからだと思います。また、後者の理由としては、自分で伝えなければならないことも自分で確実に伝えられるからだと思います。遠くに住んでいて普段は会えない家族や友人に連絡したいとき、時間が掛かり感情が伝わりにくい手紙よりも、すぐに連絡ができて気持ちも伝えやすい電話がやはり今でもメインの連絡手段なのはなんとなくわかるような気もします。どうしてもメールやチャットに頼りがちになってしまいますが、自分の声で伝える事も大切な事なのです。

話題の電話についての話はこのサイトで情報収集しましょう